読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなおはなし

良い年してジャニーズWEST小瀧くんに堕ちた人の独り言

原点を失う怖さ

書き始めた13日15時現在、私が読者登録しているブログ様では一切触れられていない、すまさんの騒動について。つれづれなるままに。検索回避のために、すまさんと表記させてもらいます。(リンクさせていただいている先のタイトルにも検索がヒットするのだったら意味はないですが。笑)

※敏感な方はこの先を読まない事をオススメします。

 

退所について”協議中”である事は公式に発表されましたが、実際どうなるのかはなってみないと分からないので、これはただの今現在の私の気持ちを綴っているだけです。

 

私のおたく原点はすまさんです。

グループ誰かを担当にした事も、グループ自体をメインに応援した事もありませんが、子育てにひと段落した母親がハマったのがすまさんでした。毎回コンサートに連れて行ってもらい、実在する事に毎回感激していました。私のおたく原点はすまさんです。

今までもこれからも当たり前に存在して、おじいちゃんになってもステージに立ち続けてくれると当たり前に信じていました。昨年の27時間テレビで”解散危機は何度かあった”とメンバーが言っていたように、もちろんメンバー間での話し合いはあったと思いますが、それは水面下で行われていた事であって、私たちファンの前では堂々と存在していたと感じています。もちろんメディアで解散説が噂される事もありましたが、今回のような大々的な、事務所から公式コメントを発表するような事態ではありませんでした。

 

与えた影響

昔のアイドルは、若いうちに引退・解散は当たり前でしたが、今はアイドル(というか事務所のアイドル)はおじさんになっても活動している事が当たり前に感じるようになっています。以下の3つのエントリを少し前に拝見しました。

sasagimame.hatenablog.com

drifter-2181.hateblo.jp

mizuki-53.hateblo.jp

いずれも、深い考察記事です。すまさんは「すごい」という言葉だけでは表せられない存在だと、この記事を読んだ時にも感じて、そんな個々人で活動してお茶の間の当たり前のアイドルであるにも関わらず、2年に1度、5人揃ってコンサートをして、私たちの前にアイドルとして姿を見せてくれる事に感謝しなければ、と思っていました。

 

事務所に所属しているということ

下記エントリはこの騒動があってから、Twitterで紹介されていたのを見つけ、拝見しました。 

catsyukki.hatenablog.com

事務所にいるから出来る事、事務所にいるからこその待遇。それは私自身も元担の退所・再活動を通じて感じている事です。同じ小さなライブハウスの最前でも、ぎゅうぎゅうに押される最前と、自立出来て荷物を足下における最前とは訳が違います。同じ会話でも、ライブ後のお見送り握手と、バーカウンターでの会話とは訳が違うのです。彼らの実力が下がったというわけではなく、やっぱりJ事務所にいたからこその人気・気持ちの持ちよう(本人もファンも)だったのだと思います。

結果的に4人がもし退所してしまったとして、他の事務所が拾ってくださったとして、今と同じような活躍を期待することは出来ないのかな、と思います。まず、グループ名を使用する事は出来なくなるでしょうし、グループ名を使用した番組名のレギュラー番組もなくなるか、見直しを余儀なくされるでしょう。

 

5人の男気

※ここから15日に記載しています。

様々な報道がなされ、様々なファンの方々の意見を拝見しました。その中で私が感じて思った事を。

すまさんはデビュー当初から仲間はずれというか、事務所からあまり好かれてきた存在ではなかったと聞いています。その5人(当時は6人)を担当し、色んなパイプを築き、お茶の間のアイドルになるよう支え押し上げてきた担当マネージャーの退所。色んな憶測が飛び交っているようですが、どちらか一方が悪いというよりは双方の我慢の限界が来たのかな、と個人的には感じています。私なんかのちっぽけな世界では考えられない苦労や困難があったと思いますが、私が出来る想像をしてみると、会社からは嫌われていて、「お前は使えない」と面と向かって宣言された自分という商品を、拾ってよく面倒を見てくれた上司がいて、その上司のおかげもあり、今では誰もが知る業界トップクラスの技術者となったところで、上司が退所するからついてきてくれ、と言われる感じかな?と。上司に恩義はあるけれど、会社に所属していたからこそ出来た事も沢山あっただろうし、会社に所属していたからからこそのお客様もいたはず。それはきっと本人たちも分かっていたけれど、4人は恩を取ろうとしたのかな、と。そして1人は唯一の所帯持ち。自分の人生は既に自分だけの人生でなくなっていて、守るものがある。悲しいけれど、きっとそれはグループよりも大切なもの。それを守るために残留を決めたのかな、と。

私の願いは、5人全員が事務所に残ってグループを続ける事です。簡単じゃない、他の所属タレントに示しがつかない、などと報道されていますが、簡単じゃなくても、何か罰が与えられるとしても、事務所に残ってグループを続けてほしい。これが日本中を巻き込んだ壮大なドッキリだったらいいな、とか思ったりしますが、きっとドッキリでもなんでもなく、4人への仕打ちは今回のスポーツ紙へのリークで開始されているのでしょう。負けずに戦いぬいてほしい。今までも戦ってきたのだから。今まで事務所所属の方々の沢山のコンサートを見てきて、どれよりも素晴らしくて最高で、全ての人におススメしてきたコンサートをもう見れないなんて、考えられない。彼らの才能はあの事務所でこそ最大限発揮されると信じています。